カードに纏わるある噂

カードに纏わるある噂

カードに纏わるある噂があるのはご存知でしょうか?こちらではそれらの噂をご紹介します。

カードに纏わるある噂
カードの最上級センチュリーカードは戦車も買えるか?

センチュリオンカードを検索すると「戦車も買える」という言葉があちらこちらで見ることができます。これはコンシェルがそのくらい充実しているということです。というのも、コンシェルだってカード会社に雇われた人間、つまり会社の利益にならなければならないわけで、となるとそのコンシェルができる(手配する)のはクレジットカードでの決済ができることなわけです。レストランを予約=支払いをカード、飛行機の席を予約=チケット代をカードで支払い、という絶対的な法則があるので、それこそ戦車をカード決済できるなら事実な話ですが現実問題できませんね。

実はゴールドカード以上にステータスが高い一般カードがある

結論からいいうと正解です。世界で初めてクレジットカードを発行したダイナースクラブのカードはゴールドカードという概念がなく、既に一般カードでゴールドカード以上の世界的な高レベルのステータスを保障されています。当然ながら他のゴールドカード並みの年会費が必要になりますが、空港ラウンジの利用も(年2回以上?海外にいくなら)無料、旅行時の保険もゴールドカード以上かもしれません。

アメックスには赤いカードがある

これも正解です。アメックスことアメリカンエクスプレスが発行しているレッドカードですね。
一般カードはグリーン系の背景ですがレッドカードはその名の通り赤い背景で、支払い金額の一定額(1%くらい)がアメリカンエクスプレス社によりアフリカのエイズ撲滅やマラリア撲滅基金に寄付される募金機能の付いたカードです。
残念ながらこのカード日本では発行されていません。アフリカのエイズやマラリア、結核などの対策基金であるプロダクト・RESに参加しているアメックスが会費不要でイギリス限定で発行しています。通常募金などしていない人もこのカードがあれば自動的に募金となるので、イギリスでは人気があるようです。

ゴールドカードを持っているだけで店員の態度が変わる

なんとも言えませんが比較的その傾向があるようです。ただし最近ではゴールドカードの普及率が高くなり以前のように見せただけで「おお!」とさせるのは難しくなっているのも事実です。
また、世界的にステータスの高いといわれているダイナースクラブのカードも、日本国内では知名度があまり高くないこともあり地方などでは普通のカードのほうが使い勝手が良いこともあります。
ゴールドカードの真価は空港ラウンジの利用や保険などの金額が高いことが一番実感できるかもしれません。