ゴールドカードの審査基準

ゴールドカードの審査基準

年会費を払ってもゴールドカードを持ちたい!と思っても、申し込んだだけではゴールドカードを持つことはできません。どうすれば発行されるのか、その基準をご紹介します。

求められている条件
勤続年数

つまりは安定収入があるかないかです。
ゴールドカードはクレジットカードです。支払いが滞りなくできるかということは一般のカードでも同じですが、ゴールドカードはより利用できる金額が多いのでカード会社も慎重になります。毎月必ず入金できるか、それを継続できる収入があるのかを見るのは当然ですね。
「仕事を頻繁に変わる人」という定義がどのくらいのスパンかはカード会社によって違いますが、基本的にカード会社では「安定した」と認める年数は10年程と見ているようです。
ただし最近では若者層も持てるゴールドカードも出ており、通常のゴールドカードと比べるとサービス内容が若干劣るものの年会費や勤続年数で優遇されているようです。

年収

最近では年収よりも勤続年数に重きを置いているカード会社ですが、それでも最低ラインの年収があることが前提です。ゴールドカードは全世界で共通したステータスがあることから、世界規模で平均した収入以上があることという意味で400万円前後は求められます。先にご紹介した若者層用のヤングゴールドカードであれば300万円前後から所有することが可能です。
とはいえ、同じようにゴールドカードを持てたといっても、実は年収により利用限度額に差はあるようですね。

信用情報

ゴールドカードはクレジットカードですので後払いの決済になります。後払い=信用払いですね。
実はクレジットカード会社は海IC(指定信用情報機関)というクレジットカードの使用状況履歴のデータセンターに情報を提供・閲覧しているので他のクレジットカードの利用状況もわかります。当然他社で利用が滞ってたりすれば審査は通りません。逆に全く初めて(信用情報が全くない)場合も実は結構警戒されたりします。
全くの初めてのクレジットカードであればなくて当然ではありますが(逆にあったら困りますね)、ある程度の年齢のいった人であればそれまでにカードを所有していないのは何故か?等探られるわけです。そしてもう一つ、審査してもらっているカード会社が多すぎる場合も警戒されます。
実はCICでは「クレジットカード会社が新規申込に対してデータを照会した事実」が6ヶ月間保有され知ることができます。短期間で何社もカード審査をしてもらうと短期間でカードを複数発行された可能性があり、つまりそのカード1枚ずつでは妥当な利用額だとしても数枚ならば支払い能力を超えてしまう(使用だけして支払いができない状態)可能性もあると疑われるのです。当然リスク回避の為カード発行は見送られます。
一番カード会社に良い印象がある情報は、毎月定期的にある程度の金額を使い、毎月滞りなく返済しているデータです。

使用状況

信用情報でも書いたとおりゴールドカードの審査では、ある程度の使用を定期的にし毎月滞りなく支払いしている情報は勤続年数・年収と同じくらい大きなプラス材料です。その為、一般カードから徐々にランクアップしていく方法もよく紹介されていますね。大抵のカード会社では一般カード・ゴールドカード・プラチナカードを用意していますので、一般カードで実績を積んで徐々にランクアップを狙う方法もあります。
20代の新卒OLの例です。
6月:エアコンが壊れてしまい購入(150,000円ほど クレジットカード一括払い)
7月:ボーナスでベッドなどの家具を購入(200,000円ほど クレジットカード一括払い)
8月:海外旅行先で利用(お土産等で100,000円ほど クレジットカード一括払い)
立て続けに高額利用した結果、学生時代から2年ほど持っていたカードですがゴールドカードへの勧誘が来たそうです。
その利用者の住まいや勤務先にもよりますがそのような例もありますので、地道にゴールドカードを狙うのも手ですね。